日本太陽光発電株式会社

代表取締役 上本 貴雅
「営業2名で、半年で約50件の土地仕込みを実施」

船井総研に依頼した経緯と理由

愛知県一宮市を拠点に、FIT制度が開始されたころより産業用太陽光発電事業を実施。
売電単価が下がっていく中で、今の売上を維持。向上させていくことに不安を感じ、土地仕込みを中心とした、産業用太陽光での業績アップ支援を船井総研に依頼。

成功ポイントと成果

成功のポイントは、とにかく「全力でやりきること」を意識したこと。船井総研に依頼したことで、地主からの問い合わせを数多く得ることができた為、これを生かすも殺すも自分たち次第だと考えた。

愛知・三重・岐阜を商圏に月1回以上、20万部前後の新聞折込チラシを配布し続け、反響を獲得。
営業2名体制ではあったものの、毎月40~50件程度の反響をスピード感をもってさばききることを意識。良いローテーションが回るようになっていき、2018年度は仕込み開始から約半年で、50件程度の土地を獲得することに成功。

船井総研に依頼してよかったこと

土地仕込みは一昔前から地元愛知を中心に実施していましたが、徐々に仕込みずらい状況になっていき、販促を実施してもうまく地主を集客することができませんでした。
船井総研に依頼したことで、自分たちでは躊躇していた大規模販促を展開し、実際に結果を残すことができました。確かなノウハウと一歩背中を押してくれる環境を作ってくれて良かったと感じています。

ホテル旅館経営セミナーのご案内

コンサルティングメニュー

国内最大級 治療院経営研究会のご紹介

家庭用蓄電池販売実践 アカデミー

産業用太陽光&蓄電池 アカデミー

産業用PVコストダウン アカデミー

トップアカデミー

ページのトップへ戻る